メニュー

オランダ家のこだわり

オランダ家では、 創業時より脈々と受け継がれている精神「本物のおいしさをお届けしたい」を大切に、 地元千葉の素晴らしい素材他、選りすぐりの素材を使って、 安心・安全なお菓子を作り続けています。

1 素材のこだわり

千葉県は全国屈指の農業県

東京都と隣り合い、県北西部に人口が集中する千葉県は、全国6位の人口を誇る県ですが、温暖な気候と肥沃な土地に育まれ、農業産出額が全国3位という、国内でもトップクラスの“農業県”でもあります。
生産高全国一を誇る落花生や梨以外にも、にんじん、ねぎ、さといも、スイカなど、多くの作物がトップクラスの生産高を誇ります。その中で、オランダ家では「落花生」「さつま芋」「かぼちゃ」「苺」「ブルーベリー」など、地元千葉で採れた作物を多く使用しています。

千葉県産の素材を使用したオランダ家のお菓子
    • 落花生
    • さつま芋
    • kabochaかぼちゃ
    • ichigo


※野菜、果物については、季節ごとに旬のものをケーキに使用しています。

  • もち米もち米
    「ひめのもち」
  • 醤油
    「下総醤油」
  • 酒作り千葉県内地酒
    (9種)
千葉県産の素材を使用したオランダ家のお菓子一覧

楽花生

さつま芋

かぼちゃ

もち米「ひめのもち」

醤油「下総醤油」

千葉県内地酒(9種)

2 パイのこだわり

パイ生地のおいしさの決め手はバター

一般にパイ生地はバター、小麦粉、水、そして少量の塩から出来ていますが、当社の場合は、水を除いてバターと小麦粉の割合が1:1です。したがって、パイのおいしさはバターで決まるといっても過言ではありません。
オランダ家のパイ生地には、世界有数の酪農王国オランダの発酵バターを選びました。ミルクからバターを作る過程の中で乳酸発酵をさせて作る発酵バターは、芳醇な風味と濃厚な味わいが特長です。
発酵バターは、乳製品文化の歴史と伝統が違うヨーロッパならではのもので、日本やアメリカ、オセアニア等では、ほとんど発酵させていないバターが主流です。

夏バターと冬バター

ヨーロッパでは、夏季の原乳で作った夏バターと、冬季の原乳で作った冬バターとは性質が大きく違うため、作り分けています。青草が主な餌になる夏の原乳で作られた夏バターは、柔らかくて溶けやすくカロチンを多く含んでいるため、黄色みを帯びています。味は複雑で奥行きのある味わいがします。

また、干草が主な餌になる冬の原乳から作られた冬バターは、溶けにくく硬めで、色は白色です。味はプレーンでピュアな味わいがします。

そのまま食べておいしいことはもちろん大切ですが、パイに使う場合は、バターを生地に折り込んでゆくため、その段階で溶けたり生地に混ざってしまっては良くないのです。生地とバターがしっかりと層になっているからこそ、折パイの独特な食感とおいしさが生まれるのです。そのため、溶けにくく粘度と硬さのある冬バターが望まれます。

3 安心・安全へのこだわり

賞味期限が短い

オランダ家のギフト(焼き菓子)の賞味期限は、ほとんどが製造後13日~25日となっています。
(「千葉ミルフィーユ」「千の葉パイ」が40日、サブレやお煎餅はもっと長くなります。)
その1番の理由は、保存料を使用していないこと。
保存料や酸化防止剤には、食品の腐敗や酸化を防ぎ、保存性を高めるために使いますが、安全なお菓子を提供するために、出来るだけ使わないという選択をしています。
2番目の理由は、糖度を必要以上に上げないこと。
砂糖の量を増やせば、それだけ日持ちも長くなりますが、原材料の風味が損なわれてしまうので、一番おいしい甘さに抑えています。
そのために、どうしても賞味期限が短くなってしまいます。
おいしさと安心・安全のための適切な日持ちですので、どうぞご理解ください。